So-net無料ブログ作成
検索選択

万病の元、メタボ・糖尿。中高年男性の50%、女性の20%は要注意!! [news]

 平成20年度から、医療の合理化・経費削減を目指して、生活習慣病に着目した特定検診と保険指導が始まりました。佐倉市は平成24年までにメタボ該当者・予備軍の10%減少、八街市では平成27年までに25%減少を目標としています(参考:八街市/佐倉市 特定健康診査等実施計画)。こうした中、八街市では2009年2月7日に東邦大学医療センター佐倉病院・助教の飯塚卓夫先生による生活習慣病予防講演会(於:中央公民館、150名規模)、佐倉市では3月1日に佐倉中央病院・院長の岩淵康雄先生と日本医科大学千葉北総病院・准教授の江本直也先生による市民公開講座(於:ミレニアムセンター佐倉、100名規模)が開催。また同3月1日佐倉市中央公民会館で行われた「健康さくら21まつり」でも特定検診やメタボ予防のPRが行われるなど、啓蒙を目的としたイベントが盛んに行われています。イベントの様子をレポートにまとめてみました。
imgget-2.jpg
写真千葉ロッテからマスコットのマーくん、リーンちゃんが参加、「メタボ体操」を披露(「健康さくら21まつり」2009年3月1日)
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: