So-net無料ブログ作成

ウィキペディアは世界を変えるか? [時事評]

ウィキペディアは私もちょくちょく参考にすることがある。
ただし、エンターテインメントやサブカル系の「興味本位」分野が多いのは事実で、
学術的なものは万が一、恣意的にゆがめられた情報が混在しているとまずいので参考にはしていない。

だから、役に立つといわれれば役には立つが、信頼できるか、と言われると???ということになる。
本家はさほどでもないのだろうが、特に日本のウィキペディアは現状、理念・目的に見合っていないように思う。
では将来的に成熟するのか、これも???である。

日本のウィキペディアは、公共への貢献の場ではなく、自己主張したい人のたまり場になっていないか。という意見を見かけることがある。私自身も、この見方に属する。
これに対して「学術性や公正に欠けると思われれば、より多くの人が参加してアップロードしていけばよい」という反論があるのだが、、、
日本のウィキペディアに対しては、すでにどちらかというと悪いイメージの評価が定まってきているのではないか。例えば、すでにある程度、荒れている掲示板に、さらに意見を書き込みたいと思うだろうか。

サイトを運営する場合、その質というかレベルは、結局は管理者次第、さらにその人選ということになると思われるが、公共性・公正さが求められるような場において、その管理者はよほど自己省察を心がける人でなければ務まらないはず。

インターネットは、お気軽に、匿名性をもって、自己主張できる場、というところがミソなのだと思う。
使う段にはとても便利だけれど、情報発信側は、お手軽に自己主張が出来る場ということで内省を伴わない自己主張を受け止めてもらうことを期待して投稿を繰り返す。インターネットは「ウソも百回いえばホントになる」が、ある程度通用する場である。整理されない自我を受け止めてもらったと感じるまで、投稿を繰り返す。
これは一種の依存である。依存度の高い人ほど声高に、物量で相手を黙らせようとする。
結果、荒れやすい。人を傷つけやすい。

仮に、より多くの人が参加することでしか、公正さを保てない場があるとして、その場がすでに荒れていたら、周囲の人は、そこに参加することは自らを貶めることにつながると感じるのではないか。

これがインターネットの弱点・課題であるし、日本のウィキペディアは、この部分を解決できていない。
要は自己満足を克服できていない。将来的にも多分、克服できない。
と思うのだが、私は私でこの見方が正しいと感じている。

・・・という訳で、ウィキペディアに募金はしません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。