So-net無料ブログ作成
検索選択

キム・ヨナが浅田真央の引退にノーコメントを貫いている理由。 [時事評]

本日気になったニュース

1カ月が経った。フィギュアスケートの浅田真央さんが4月12日、現役引退を表明。日本中が労をねぎらう声や、これまでの偉業を称える声であふれ返った。・・・・なぜかキム・ヨナ(金妍兒=韓国)さんはノーコメントの姿勢を貫いている。現役時代、彼女は浅田さんとライバル関係にあり、切磋琢磨しあいながらお互い成長を遂げていた。その浅田さんが現役引退を発表したことについて当然何らかの言葉は発するだろうと思いきや、まさかの無言――。こうした対応に、日本ではフィギュアファンのみならず、多くのネットユーザーから彼女に対して大バッシングがドッと沸き起こった。・・・・韓国メディア関係者が彼女の心境を次のようにひも解いた。「もしキム・ヨナが浅田の引退について語ったら韓国国内からは彼女への批判が途端に強まるだろう。韓国スポーツ界の全選手が日本との勝負にすべてをかける覚悟で臨んでいる。我が国民はそういう期待を常に自国の選手たちへかけ続けているのだ。」 ・・・・[臼北信行,ITmedia]

・・・韓国と日本では、スポーツをやる動機が随分違うのだ。

日本ではスポーツは個人的に、楽しんでやるもの。スポーツでの順位や勝ち負けは大事ではあるが、そこまでこだわる必要はない。
韓国では、勝たないと意味がない。特にお隣の優等生・日本に勝つのは命題になっている。
だからポイント合わせ技でも何でも、勝つために必要なことはとことんやる。
あるいは北朝鮮などでは、スポーツはもっと露骨に国威発揚のツールとされている。

やはり日本の反応というのは、国際的に見るとかなりおめでたい部類なのだと言えよう。

本日のニュース。 [時事評]

気になったニュース
年金71歳からの支給へ  自民党の1億総活躍推進本部(川崎二郎本部長)は10日、政府への提言をまとめた。高齢者が働ける環境を整備し、現在60~70歳で選択可能な年金受給開始時期について、希望者には71歳以上も選択できるよう制度を見直すことが柱。  国民年金は65歳を基準に、受給開始時期を繰り上げれば減額、繰り下げれば増額する仕組み。繰り下げ受給を71歳以上にも広げることで、働くことが可能な高齢者には社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指す。  提言では、65歳までを「完全現役」とする社会を推進しつつ、66歳以上も本人が希望する限り働けるように国や産業界に呼び掛ける。受給開始時期の選択制についての周知も図る。(時事通信)

・・・これはこれで現実的な気がする。個人的には、70歳まで働いて、その後に年金という形にしてくれた方が、まあありがたいように感じる。

あとは、、、外国から日本の通販注文したら、折り紙と手紙が入っていた、というニュースが、琴線に触れた。

今度は菊川怜さん? [時事評]

文春さん、そこまでやるの? という感じ。
それは確かに話題性あるし、ネタとしては、かつてのベッキー級の、、、

いや、しかし。
日本はとにかく世論が政治に反映する国であって。
その世論をメディアが動かすからには、とてつもない権力を手にしているという意味でもあって。
文春さんの判断がいつも正しくて、その言うことに従っていれば正しい方向に向かうというのであれば問題ないのだろうけど。一介のメディアにそんな高尚な理念なり倫理があるわけでもないだろうし。

ちょっと可哀想過ぎないか。屍で築いた山の上に旗を立てているように思われ。。。

いま、儲かる商売は??? [時事評]

なんだか、北朝鮮がいつにも増して危険度増大。
何気にここまで緊迫した状況はなかったような。。

向こうがやぶれかぶれになって実際にミサイルを発射してくる可能性も。。。
安部総理も小池さんも、窓から離れるようにとか、頑丈な建物の中にとか、、、大したことは言っていないような。

ということで、少し家庭用シェルターが気になった。
https://www.shelter-hikari.com/
50~70万が相場。
・・・・うーん、一般家庭にはまだ少し手が届かない感じだが。
・・・・この時期、シェルター販売って、儲かるのかも。

量産化で一気に値下げして売りまくれば。。。。

原子炉のロボット。 [時事評]

現在、福島の原子炉に遠隔操作のロボットを投入して、調査や撤去作業に当てようとしているが、なかなかうまく行かないとのこと。
主な原因として、
放射能で電子回路が焼き切れてしまう。
モニタリングがうまくいかず、逆に内部を壊してしまうおそれがある。
などが言われている。

ずっとひそかに思っていたことだが、、、
電子回路を一切なくして、
間接部を全て水圧/ガス圧にしてリモコン操作(要は手許で送り出す水/ガス量を調整するだけ)、モニターもファイバーグラスを取り付けておけば、行けると思うのだが。。。
あるいは江戸時代のお茶汲み人形のような構造にしてしまうとか。。。
誰も思い付かないのか???




財布を盗られたら。 [時事評]

置き引きにあった(らしい)。悔しい。。。。
買い物帰り、ふと財布がないのに気づき一旦、スーパーにもどる。
その間わずかに1-2分か?
しかし、30分ぐらい探して、聞いてまわっても、見当たらない。
めずらしく★万円入っていたため、家計にも大打撃。。。

警察に行って手続きして、
もう一度店の人に言って防犯カメラを確認してもらったが、いったん財布は自分のポケットに入れているという話。その後、もう一度落としたということか??

・・・いつもは気をつけているつもりだが、要はどこかに置いたかどうかを忘れるほど、疲れていたということ。
その中で、買い物もしないといけなかったということ。家族が手伝ってくれなかったということ。。。
何とか救済措置はないのか?
税金の免除項目にも入らないのか?
などなど、、、色々考える。。。

ただ一つ、なぐさめになった考え方。
盗難の被害者と加害者、どちらかになる方を選べといわれたら。。。
被害者は怒り・悲しみを持つが、根本的なところで心の平安を失うことはない。少なくとも悪いことをしていないから、自分の中に敵をつくることはない。
加害者は、心の平安を失う。もちろんその場、忘れることもできるが、自分の心を防衛するために壁をめぐらせつづけるしかない。自分の中に生じた敵と、戦い続けなければならない。
盗むより、盗まれる方がまだ良い。
自分は悪くはない。それは不注意だったけれども。悪いのは盗む方なのだ。
かなり強引だが、そう自分を納得させてみようか。

それにしても、もっと少額だったら。。。



雇用創出いろいろ [時事評]

先日の欄に書いた雇用創出。
要は悪く言えばリフォーム詐欺のようなことも、案外社会で当たり前のようにやっているのかも。

話題にする。流行にする。そこに乗っかっていない人は時代遅れ扱いに。
本当は必要ないはずのものを、「私にはこれが必要なんだ」と信じさせて、購買意欲につなげる。

芸能ニュース的なもの。話題になればそこに金が動く。また儲かる。

AKBも?

LEDは、、、?

スマホも、、、?

マイクロソフトも、、、?

子供学習塾も??

学校でいえば、カウンセラー、英語教育本格化、などもそうなのか?

でもまあそれらをなくしていくと、失業者が大量発生せざるを得ないだろうから、、、それも資本主義の一側面ということか?

芸術と現実。 [時事評]

色んなとき、ところで、素晴らしい芸術作品に触れて、感動することがある。
たしかに芸術作品そのものには敬意を払いたい。
ただし、それを演奏/表現する人。これは嘘つきなのかも知れない。
日々の生活に対して正直であろうとするなら、
芸術に打ち込んだり練習するのは、現実を無視することにつながるのではないか。

・・・例えば、誰かと喧嘩したまま、「愛は全て~」などと歌う歌手を見たら。
それは、うそつきでしょ。

芸術が純粋なものであればあるほど、心を啓発し豊かにするものであればあるほど、
それは日常生活と切り離した物ではありえないはず。
芸術はメッセージであり、その根幹は人生の素晴らしさを訴え、豊かにする内容のはず。
そして芸術を突き詰めるということは、そのメッセージをより純粋に、心に訴えるものにしていく作業のはず。

心に引っかかる物を残したまま、純粋さを保てるか? 矛盾を抱えたまま、目をつぶって純粋なふりをするのか?

純粋に突き詰めれば、よほど理想的な人間関係が保持されていなければ、その人は、その日の活動1つ、練習1つすら、やる資格がない、ということになる。
それを演繹すれば、世界の色々様々な問題に対して、無視したまま芸術活動を続けるということ自体が欺瞞となる。違うか?
だから、この世界に解決すべき問題が山積されているなら、芸術家たちは嘘つきであるということに。。。
東日本大震災のとき、芸能活動やスポーツには自粛の風潮ができた。活動を休止、または全く違う表現活動に向かった人もいた。ボランティアに参加した人も、いた。
芸術を志す人間は、自分に正直であればあるほど、純粋であろうとすればするほど、現実とも向き合わなければならない。そういうことだと思う。

ではその解決策、矛盾しない芸術というものがあるのか。思うのはいくつかのこと。
・その芸術作品自体が、本人のルーツにかかわる、強い社会的メッセージを持っている場合。
結婚して子供を育てたり、または家族と向き合っている芸術家なら、そのあり方は健全であり、整合性が取れているように感じられる。
・何か一日一善、小さなことを心がけている人。少しずつの歩みが積み重なれば、やがて大きな高い山の頂に行くことも可能なはず。
 NPOなどの枠に所属するという手もある。。ただし、その母体が正しい方向に向かうとは限らないが。。。

キムヨナさんと真央さんの違いは? [時事評]

・・・何かと比較されることが多い、浅田真央さんとキムヨナさん。
主要国際大会での2人の対戦成績は、、、ジュニア時代(04~06年)は浅田の2勝1敗、シニアでは10年バンクーバー五輪直前までに浅田が3勝5敗とキムがリード。同五輪ではキムが金メダル、浅田は銀メダル。直後の世界選手権では浅田が優勝、キムが2位。最後の対戦となった14年ソチ五輪ではキム2位、浅田6位。

どうも成績としてはキムヨナ。技的には、「必殺技」トリプルアクセルを何度も組み込んだ浅田真央さんが評価されるようだ。

・・・これは2人の目指すものが微妙に違っていたのではないか、という気がする。
何度か演技中の解説でも聞いたが、キムヨナさんは競技のルール改定などを踏まえて、こまかい点数を取りこぼさないように「効率のよい」演技を心がけた。キムヨナが高得点を出したとき、解説者が「でも真央さんには、トリプルアクセルがあります」と繰り返していたのが印象的だった。「必殺技」1回出したら勝負に勝つ?フィギュアの判定は細かいポイントの積み重ねで決まるのに、そんなことはありえないでしょ?
合わせ技で効率よく高得点出した方が、楽に勝てるに決まっているでしょ?
勝負にこだわるなら、浅田真央さんもキムヨナさんと同じ路線で行けば、ずっと楽に勝負できたはずでは?

きっちり「勝つ」ことを目指したキムヨナさん。勝つこと以外の、浪漫?こだわり?を追求した浅田真央さん。
ということになるのでは。
あるいは、日本が基本的にバカ正直で、競争が激しい国際社会に慣れてないだけかも。

あ、なんだかシドニーで、柔道の篠原が誤審で銀メダルという事件があったな。
あの時、団長がもっと自己主張できていれば。。。





数年前にみた怖いテレビ番組 [時事評]

5年ほど前?
とても怖いテレビ番組を見た(題名忘れた。。。)。
最近の中国の教育事情を特集した番組なのだが、、、

まずは現地ルポ、ということで、偶然通りかかった若者に高次方程式?を解かせると、、、すらすら解く。
中国ではこれが標準仕様なんだそうです、というコメントを聞いて、ゲストの芸能人が「ホー」と感心する。。。

北京市内の、ごく平均的な小学校の、ごく平均的な小学生の生活、というのをルポ。
朝は頭を良くする謎の体操から始まって、高速フラッシュカードを使った語学やら数学やら。
朝から晩までミッチリ、寝る間も惜しんで勉強。。。
またまたゲストが「あと数年で日本は追い抜かれちゃいますね」と感心。。。

いや、、高次方程式なんてのは、普段使わない人は絶対解けないから。。。
ちょっと考えれば分かるでしょうに。
中国が教育ブームなのは知っているけど、ごく平均的な小学生がそんな非日常的な教育を、、、
じゃあ、当の中国は今の今まで何をやってたの?
本当にこの通りなら今頃は日本の遙か彼方をリードしているはずでしょ?
エリート校のトップの子を取材して、「ごく平均です」と強調しているとしか・・・。

こんな番組が夕飯頃に無防備に流されている日本。
国策映画みたいなのにバカ正直に付き合っている我が国のテレビ局、芸人さん達って。。。
もっと別の意味でしっかりしようよ。。。と言いたくなったのは私だけか?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。